歌会

ひさしぶりの横浜歌会。

コロナのために生の横浜歌会はしばらくなかったので数か月ぶりの開催である。

ちなみに横浜歌会もリモートでの歌会は試しに開いたのだが、

どうも違和感あって参加していない。

画面にひとりひとりの顔が写し出されているのが妙な気分がしそうで嫌なのだ(^^;

生の歌会では参加者の顔はあまり見ていない。

他の人の批評を聞きながら詠草を何度も繰り返し読んだり、

窓の外を眺めたり天井見上げたりしながら、

出されている歌について考えている。

批評しているときも参加者の顔はあまり見ていないわけで、

普段、気にとめていない顔が画面にずらっとあるのって違和感ある(^^;;

それはそれとして、例によって気になった歌。

誌面発表前なのでここには出せないが、

恋と経済 あなたが産む娘にディオールの喪服を、

こんな歌意の歌。

そのままここには出せないので少し変えている、だから余計分かりにくいのだが、

歌会の詠草そのままでも充分分かりにくい歌である。

選歌したのは横浜歌会の中心である吾が師匠、岡部史さんだけ。

しかし、その岡部史さんも読みには苦労していたみたいだった。

人が恋愛をすると経済が活性化するとか、その辺の批評はよく分からなかった(^^;;;

私がこの歌に感じたのは、

恋敵の経済力に負けた男が、あなたが産む娘にディオールの喪服をプレゼントしよう、

あなたの娘はその喪服を着てあなたの葬儀に出る。

私の愛よりあの男の金を選んだあなたには、ふさわしいお祝いだろう...。

そんな感じ?

かなり怖い(^^;

そんなふうに読んではみたのだが、

やはり上句が分かりにくく歌の世界に入りにくい気はする。

歌の入り方をもう少し工夫するとその辺の感じが変わって、素直に読める歌になる

気はするのだが、どうなのだろう。

一読して、若い人の歌だなと思ったのだが、

若い人の歌のひとつの傾向として、

作者に分かる表現で押してきて、読者には分かりにくい、そんな感じはした。

それでも、分からなくてもなにか気になる歌という感じはあって、

岡部史さんが選歌したのもなんとなく分かる気はした。

で、この歌、作者が分かると、また違う読みが出てくるのだが、

その辺は置いておく(^^

ひさしぶりの生の歌会、こういう難しい歌が出てくると楽しくなる。

ウイズコロナの時代らしく歌会のあとは今までのような飲み会もなく素直に帰った。

歌会のあとで酒を飲みながら口角泡を飛ばして歌を論じることができるのは

いつになるのだろうか。


DSC_0599
 歌会風景 コロナ対策で向き合って座らず学校の教室のように座っての歌会
部屋の窓もドアも開けたままで出席者はマスク着用。この日の出席者もコロナの
ために少なくて10人。

難民支援

国連難民高等弁務官事務所の外郭団体、国連UNHCR協会からのメールニュースを
転載します。転載の許可は受けています。
コロナのために難民は厳しい状況に置かれています。
さらに、コロナ対策のために巨額の財政支出を強いられている先進国からの
支援も今後、厳しくなるでしょう。
あなたの僅かな支援がどこかで絶望している難民を救えるかもしれません。


国連UNHCR協会 難民問題の明日に架ける橋 ブリッジ

全国各地で豪雨により被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。皆様の安全と1日も早い復旧を心よりお祈り申し上げます。

新型コロナウイルス感染症の検診を受ける難民

難民キャンプ 感染拡大危機

水すらないのに、どうやって?

関野裕之様

「ソーシャルディスタンスをとるようにいいますが、どうやって?」と、バングラデシュにある世界最大規模の難民キャンプで避難生活を送るロヒンギャ難民のサイドゥ。86万人が暮らすキャンプは混み合い、十分な医療施設もなく、新型コロナウイルスの感染拡大の危機に直面しています。サイドゥは「十分な数の手洗い場やトイレがありません。必要最低限の水すらないのです」と窮状を訴えます。新型コロナウイルスの感染リスクは、いちばん弱い立場にある人たちを、さらに苦しい立場に追いつめています。今、難民キャンプで感染が拡大したら……。誰もがどうしようもない不安を抱えています。

トピックス

ライブブログ:2020620日 世界難民の日

新型コロナウイルス感染症の拡大によって、これまで以上に結束が重要となる中、620 世界難民の日に、コンサートから料理のワークショップ、詩の朗読会まで、世界中で様々なイベントが開催されました。
日本では UNHCR WILL2LIVE Music 2020 を実施(831まで視聴可能)。また、募金つきオンラインシアター UNHCR WILL2LIVE Cinema 2020 は現在も開催中です。

世界難民の日の様子

アメリカ、グアテマラ、スイス、シリア、南スーダンそして映画『存在のない子供たち』の主演ゼイン・アル・ラファーとナディーン・ラバキー監督が登場したノルウェーレバノンのオンラインイベント等、世界各国で行われたこの日の催しの様子をご覧ください。

Yahoo!ネット募金
WILL2LIVE
ムーブメント 世界難民の日
新型コロナウイルス感染症から難民を守る
伊勢谷友介さん、水原希子さん、SKY-HIさんからの素敵なプレゼントが当たる!

Tポイントを使って1ポイントから、またクレジットカードから簡単にご寄付いただける「Yahoo!ネット募金」の国連UNHCR協会「新型コロナウイルス緊急支援」にて、「くじ付き募金」を開始いたしました。国連UNHCR協会「新型コロナウイルス緊急支援」にて、ご寄付いただいた方の中から抽選で、伊勢谷友介さん(株式会社リバースプロジェクト代表)、水原希子さん、SKY-HIさんからの素敵なプレゼント(直筆サイン入り)を合計3名様にプレゼントします。ぜひご参加ください。

国連UNHCR協会 新型コロナウイルス緊急支援はこちら
「くじ付き募金」の受付期間は2020919日(土)18時までとなります

UNHCR駐日事務所インフォメーション

【「ユース難民アートコンテスト」受賞者発表!】

受賞作品

2020722日、「ユース難民アートコンテスト」の受賞者が発表となりました。

世界各地の若者たちの創造性を難民支援に生かそう

2020
4月、新型コロナウイルスの危機のまっただ中、UNHCR初の試みとして立ち上がったこのコンテスト。1225歳の若者を対象に「新型コロナウィルスの危機をみんなで乗り越える~一人ひとりにできる難民支援」をテーマに募集が行われ、世界100カ国から2,000を超えるアート作品が集まりました。

日本からもたくさんのご応募がありました。ありがとうございました!

プレスリリースはこちら
「ユース難民アートコンテスト」についてはこちら

特定非営利活動法人 国連UNHCR協会
0120-540-732
(通話料無料)
または 03-4366-7373 [平日10時~19時]

  • 本メールニュースは、これまでに当協会にメールアドレスをお知らせくださった方にもお送りしております。
  • 本メールアドレスは、メールニュース発信専用です。このメールにご返信されても、返信内容の確認および回答ができません。お問い合わせの際はこちらまでお願いします。
  • 今後受信を希望されない方は、お手数ですがメールニュース配信停止フォームより送信停止の旨、ご連絡ください。メールアドレス等、ご登録内容を変更されたい方はお手数ですが、登録情報変更フォームより変更情報をご連絡ください。
  • パソコンの環境に依存して文字化けが起こる可能性がある文字は、メール配信ソフトにより変換される場合がございます。 何卒ご了承くださいますよう、お願い申し上げます。

Instagram8/5まで映画『ファヒム パリが見た奇跡』鑑賞チケットを抽選で5名様にプレゼントする、いいね&フォロー キャンペーン実施中

 

Facebook   Twitter   LINE   Instagram   YouTube

今、目の前の命のために、そして未来のために。
これからも難民支援にご協力ください。
(当協会は認定NPO法人ですので、ご寄付は税控除(税制上の優遇措置)の対象となります)

This email was sent by: 国連UNHCR協会

ご登録解除  ご登録情報の変更  プライバシーポリシー

持続化給付金

先週、初めての持続化給付金不正受給の逮捕者が出た。

容疑者は19歳の大学生。

実際にはしていない事業をしていたということにして昨年分の確定申告をし、

今年は収入がゼロになったということで個人事業の持続化給付金100万円を

だまし取った容疑。

たぶん、大学生のひとり知恵ではない。

ネットで検索すると結構出ていた。

「持続化給付金必ず受け取れます、成功報酬〇〇%」

なかには成功報酬40%などというものもあった。

始めての逮捕者が出たあとで試しに検索してみたら、

さすがにそういうものは影を潜めていた。

ネットに出ているそういうキャッチに乗っかり、

本来なら給付金を受け取れない事業者が申請したり、

本来もなにも、はなから関係のないサラリーマンや主婦・学生が持続化給付金の

申請をするケースもあったらしい。

逮捕された大学生がそういう輩のひとりだったのか、

あるいはもっと悪質な組織的な騙し取りかは分からない。

組織的に騙し取るつもりなら、振りこめサギの受け子のように人を使い、

申請させて給付金を集めることも出来ただろう。

はっきり言って持続化給付金の申請の仕組みはそのぐらいザルだった。

少しでも早く困窮している中小事業者に給付金を届けるために、

やむを得なかったところはあるわけだが、

それにしてももう少しなんとかならないのかという気はした。

以前にもこのブログに書いたが、

取りあえずすぐに金を届けるために簡易な融資制度にし、

申請者に一定の金額を融資したうえで、

ことが落ち着いてからしっかり審査して給付金の分を返済免除にし残りは返済

させるとか、そういう工夫があった方が良かった気はするが、

そんなことここで書いてもしょうがない。

今回の件、警察は組織的犯罪の可能性も視野に入れて捜査しているらしい。

いずれにしても、捕まった大学生に情けは無用である。

平和な時代なら耳に心地よい理想を語る余裕があるわけである。

教育的見地、道を踏み間違えた者の更生。

しかし今、世の中は緊急事態なのだ。

生き残ろうと必死になっている真面目な中小零細の事業者が沢山いるのである。

人を救うために使われるはずだった金が騙し取られ必要な予算が逼迫すれば、

救われるはずだった人が救われない、

その人が救われなかったためにその人の家族も人生を狂わせる、

そういうことが起こるのである。

緊急事態という状況下で小奇麗なことを言っても人々の暮らしは守れない。

くだらないキャッチに乗っかり不正受給をした者達させた者達は厳罰に処して、

世の中は恐ろしいのだということに気付かせた方がいい。


DSC_0594

  射場に咲いていた花
 小さいアマリリスかと思ったが葉がない。
 彼岸花のように茎だけが出て花が咲いている。
 調べたら、夏水仙だった。

 

 

修善寺

韮山反射炉から修善寺温泉、今回の泊りは菊屋。

夏目漱石が胃潰瘍の治療後の転地療養で泊りにきたという宿である。

ちなみに漱石はここで胃潰瘍を悪化させ吐血して生死の境をさまようことになる。

幸い三途の川の手前から戻ってきたのだが、

その経験を『思い出すことなど』に書いている。

歴史のある宿らしく庭を巡る感じで回廊が続いていて、

初めてくると迷子になりそうである。

DSC_0588
  修善寺温泉 菊屋 庭を巡るように回廊が続く

腰が痛いから湯治に行くという名分で来ているので、

さしあたりもう腰は痛くはないのだが、大人しく風呂に入って腰を温める。

漱石もこんなふうに療養したのであろうか。

そういえば明治の文豪で文章の上手といえば漱石である。

鴎外や藤村もいるが、

文章の行間から狂気が立ちのぼってくるのは漱石だけである。

漱石の文章から立ちのぼる狂気を感じとれない者は国語の教師などする資格はない、

若い頃は生意気にそんなことを思ったものである(^^;

蝉の声を聞きながら風呂に入り、部屋で休憩、そんなことを繰り返す。

夜、夕食のあと修善寺にきたときはいつも立ち寄る居酒屋に行こうと出かけたが閉まっていた。

まわりを見渡すと、殆どの店が閉まっていて通りは暗い。

GoToキャンペーンが混乱して、東京を除外することになった。

感染の拡大を防ぐためにやむをえないというのは理解できなくはないが、

観光地の人達は落胆しただろう。

首都圏近郊の観光地は東京からの観光客が一番多いのである。

それがキャンペーンの対象外になり観光需要を喚起できなければ、

観光地の受ける影響は甚大である。

このままこの状態が続けば観光地は、コロナで死ぬか経済で死ぬか、という話に

なるのだろう。

なんともいえない気分で部屋に戻った。

翌日、修善寺から沼津に行き沼津港で昼飯を食べ、

土産に鯵とのどぐろの干物を買って横浜に帰った。


DSC_0589

  沼津港で昼飯 カキとホタテとハマグリのガンガン焼き

韮山反射炉

韮山反射炉。幕末に大砲鋳造のために作られた溶鉱炉である。

幕府に反射炉築造を命じられたのは旗本の江川太郎左衛門。

海防の重要性を説き、お台場を作ったのも江川太郎左衛門であり、

この反射炉で作られた大砲はお台場に設置された。

明治期日本の産業革命遺産として他の遺産とともに世界遺産に登録されているが、

登録されているもののなかで、韮山反射炉だけは明治ではなく江戸時代のものである。

現在は伊豆の国市になっているが、田圃のなかを走っていった先に韮山反射炉はある。

広い駐車場に車を停めると木立ちの向こうに反射炉が見える。

幕末に作られた西洋式溶鉱炉としてそれなりの大きさを思い浮かべていたが、

行ってみると思っていたより小さい。

DSC_0575
  韮山反射炉

資料館があり映像などを見ることが出来る。

そのあとボランティアガイドであろうか、係の人のあとについていくと、

反射炉のところでいろいろ説明してくれる。

反射炉の仕組みなどを聞き、中を覗き込む。

炉で溶かした鉄を傾斜に沿って鋳型に流し込み、

一カ月くらい冷やして大砲の原型を作る。

それを取り出し、水車の動力で機械を回し加工していく。

一門の大砲を作るのにかなりの日数が必要だったらしい。

写真で見る反射炉の大部分は煙突である。

反射炉そのものは下にあって、そこで石炭を燃やし、熱い空気は高い煙突に流す。

空気は細いところを通すとスピードが出る。その熱い空気を高い煙突に通すことで

上昇気流が生まれ、それが炉の入口から空気を吸い込む力になる。

それによって、ふいごのような人工的なものを使わなくても

炉のなかに酸素を供給することが出来る。

そのために反射炉には高い煙突がついている。

反射炉本体の構造も、熱の反射を利用して炉のなかの一点に鉄を溶かせる高温を

集められるよう内側にカーブをつけて作っているわけで、

原理はいずれもいたってシンプル。

しかし、そのシンプルな原理を用いて鉄を溶かす高熱を出せる反射炉を作り出した

人間の知恵というのは凄いと思った。


DSC_0580

  煙突は4本
DSC_0584
  この土の部分に大砲の鋳型を埋め、そこに溶けた鉄を流し込んだ
DSC_0583
  作った大砲が展示してある。


司馬遼太郎は明治をこの国の青春ととらえたが、

160年前、この国の将来を憂いた男たちが試行錯誤しながら大砲を作っていた跡に立つと、

それが分からなくもなかった。

反射炉のかたわらにあるレストランで地ビールを飲みながら、

そんなことに思いを馳せ、そのあと今日の泊まりの修善寺に向かった。


DSC_0578
  反射炉を眺めながら地ビールを飲む

GoToキャンペーン

GoToキャンペーンが混乱している。

東京での感染拡大が原因で、結局、東京を除外することになったが、

これで失望している人達も多い。

このGoToキャンペーンについては議論百出だった。

テレビで見ていたら、コメンテーターが国会議員を責めていた。

責めたくなるのは分からないでもないが聞いていて不愉快だった。

内容ではなくコメンテーターの言い方が嫌だった。

感染が拡大している状況でGoToキャンペーンをやれば感染が地方に拡大する。

言っていることは分かる。

その通りかもしれない。

しかし同時に、いま支えなければ地方の観光業がつぶれる。

これも事実である。

それが分かっているからみな苦しんでいるのではないのか?

夏休みの稼ぎ時のGoToキャンペーンを起死回生の思いで待っていた観光関係の

人達は日本中にいるはずである。

彼等が今かろうじて持ちこたえられているのは、

従業員を休業させた場合の雇用調整助成金の存在が大きい。

その雇用調整助成金は9月30日でコロナ対策の拡充が終わる。

夏休みの稼ぎ時がなくなり、雇用調整助成金もなくなったとき、

大量の失業者が出る。

それは分かっているのだろうか?

議論百出のなかで、ある大学教授が

「観光業がGDPに占める割合は小さい、それを支援する必要があるのか?」と

言っているのがあった。

東京のような大都市と地方で、経済に占める観光の比率は違うのだ。

この大学教授は国全体のGDPの比率で地方を切り捨てるつもりか?

観光業にはそれに伴う雇用がある。

地方では、公務員になるか親の農業漁業を継ぐか、あるいは観光業か、

それしか仕事がないというところがあるのだ。

そういうところはどうするのだ。

たぶん、学校の勉強しかしたことのない大学教授には世の中が見えなかったのだろう。

コメンテーターのなかにはさらに面白いことを言っている者がいた。

「感染が拡大したら大変なんだからそのお金を地方に使えばいいはず」

補助金というのは呼び水なのである。

呼び水となって、支出した補助金以上の経済効果を引き出す、それが補助金である。

人口の多い都市からの観光客があって初めてその効果は生まれるのであって、

人口の少ない地方にその金を直接投資したとしてどれだけの効果があるのか?

最初に出てきたコメンテーターもそうである。

感染が地方に拡大したらどうなるんだ、

言っていることは正しい。

しかし同時に、死に瀕している観光業はどうなるのか?

それに従事している人達は?

あのコメンテーターは失業率と自殺率との相関関係について考えたことはないのだろうか。

分かっている人間はみなそれが分かっているのだ。

分かっているゆえに苦しんでいる。

それが分かっているのならコメンテーターは、

もう少し苦渋に満ちた顔をして言えば良かった。

そうすれば「ああ、そういうことが分かって言っているんだな」と、

心ある視聴者はそう思っただろう。

それを、自分は正しいことを言っているみたいな顔をして語ってもしょうがないのである。

世の中は、正しい正しくないの二元論で言い切れるほど単純ではないのだ。

DSC_0570
  たまには酒を飲みにいかなければ店も酒屋も困るのだ。
 イチローズモルトは美味しい。

家賃支援給付金

コロナ対策の家賃支援給付金の受付が始まった。

中小事業者が店や事業所の家賃を支払えなくて大変だということで、

国がそれを支援するためにぶち上げた政策だが、

紆余曲折を経て最初の見込みから一カ月遅れの受付開始となった。

中小事業者への支援として先行して実施された持続化給付金が不正受給が多いという

ことで、審査を厳しくするらしい。

遅れた原因のひとつはそれらしいが、

今さらそれを言うか、という感はしなくはない。

持続化給付金の申請要領を読んだとき、

「まるでザルだなつまり、金配るからこの金で生き残れということか

と思った。こんな審査なら簡単にくぐりぬけられる、そう思われて仕方ない内容だった。

もちろん、不正受給をよしとしているわけではないが、

新型コロナの非常事態のなかで、

当然、平常時とは異なる手法での緊急支援が必要だったわけで、

持続化給付金が仕組みとしてザルだったことも、

急がなければならないという状況下では理解できなくはない。

100件のうち10件の不正受給があったとしても、

90件の善良な中小事業者を救うことが出来るならば、

非常事態下ではそれはやむをえないのではなかろうか。

不正受給を排除するしっかりとした仕組みにし、審査にも時間をかけていたら、

善良な90件の中小事業者のなかには手遅れになってつぶれたところが出たはずである。

ことが落ち着いてから不正受給はしっかり追求し倍返しさせればいいのだ。

ついでに言えば最初にそれを言うべきだった。

持続化給付金のポスターに半沢直樹を使い「不正受給は倍返しさせるぞ!」と

言わせればインパクトあったかもしれん。

で、家賃支援給付金だが、

不正受給を排除できるよう、賃貸借契約書の確認等、持続化給付金よりも

提出資料は多くなる。審査にも時間をかけるらしいが、やむをえないところか。

しかし、いずれにしろ受付開始が当初の見込みから一カ月も遅くなったのは、

売上が減って家賃が支払えなくなり、

生きるか死ぬかの瀬戸際にある店や会社にとっては厳しい遅延だった。

今回の国のコロナ対策、終始一貫していることがひとつだけある。

スピード感の欠如、である。


DSC_0574

   路傍の花

同期

大学のクラブの同期と40年振りに会った。

先日、HPからメールが入っていて、

相談したいことがあるとのことで、

ならば久しぶりに会おうということになったのだった。

正直、メールボックスに彼の名前を見たときは驚いた。

大学を卒業してからは、仕事をしながら税理士試験の勉強に明け暮れていたし、

登山の方も横浜の山岳会に入り登るようになっていたので、

すっかり縁遠くなっていたのだった。

彼は某教科書出版の会社に就職し、社長を勤め昨年退職。今は悠々自適に暮らして

いるらしい。

横浜東口のそごうの前で待ち合わせ。

待ち合わせの時間に数分遅れて行くと既に彼がいた。

こちらはすぐに彼が分かったのだが、彼は気づかないらしく、

目の前に立った私に「〇〇だろ」と名前を呼ばれてようやく気づいた。

確かに髪の毛白くなったが、そこまで気づかないほど変わっただろうか?(^^;

スカイビルに入り、横浜の夜景が見えるバーで飲みながら話す。

卒業してからのそれぞれの来し方、

彼は教科書出版の会社で最初は営業をしていて、

全国の学校を回って歩いたらしい。

おまけに、本に載せる写真を撮るために海外あちこちに出かけている。

アフリカ、ブラジル、インド、まったく、会社の金で世界中を歩けるなんて、

羨ましい限りである。

同じクラブの連中がその後どうしているのかも聞いた。

聞いていると必ずしも順風満帆なヤツばかりではなく、

仕事を変わったり、リストラされたのかなとか、

あるいはまったく音信不通になっているとか、

ま、人生それぞれである。

ちなみに我々がいたクラブはその後、入部者がいなくなり廃部になったらしい。

その話を聞きながら、

「あの頃の伝統引きずっていたら若い連中には受け入れられないだろうな」と

苦笑いした。山のクラブなんてのはただでさえ、きつい、汚い、危険の3Kである。

そういう3Kが生き残るには時代のなかで柔軟でなければならないはず。

時代を見通せないものは消えゆくのみである。

高層の窓からは横浜の夜景が見下ろせる。

遠くに見えるのは新宿あたりのビル群だろうか。

40年、光陰矢の如しとはよく言ったものだ。

いろいろ話していて気が付いたらもう10時半、4時間以上話していた。

いずれまた会える日を楽しみにして駅で別れた。


DSC_0573

射会

月に一度のアーチェリーの射会。

フィールドアーチェリーは自然のなかのコースを歩きながら12個の的を射ち、

その点数で競うスポーツ。

的までの距離を変えてファーストとセカンドの二回コースを回るのだが、

今回はスタート時点で小雨が降っていた。

天気が天気なので昼食の休憩を取らずファーストとセカンドを続けて回ろうという

ことでスタートしたのだが、だんだん雨脚が強くなり、

ファーストが終わって山を下りるとみんな雨宿りしている。

で、とりあえず昼飯を食べて様子見をしていたのだが、

そのうちスマホで雨雲の動きを見ていたのが「しばらく大丈夫かも」というので、

そら行け、ということでセカンドに出発。

ところが結局これが失敗で、

このあと更に降り出して一番雨の強いときにコースを回るという失敗をしてしまった。

全員濡れネズミになって山を下りてきた頃、雨はあがり始め、

「誰だ、小やみになるから今すぐ出発! とか言ったヤツは?」と責任をなすりつけ合う(^^;

本来、アーチェリーの試合は雨が降ってもやるのである。

落雷の怖れがない限りやるのだが、

会員が高齢化しているなか本来通りに雨が降ってもやります、なんて言っていると、

翌日、熱を出して倒れる人も出るかもしれないので(^^;;

あまり無理はしない方がいいんだろうな

DSC_0572
  雨の射場 

試合が終わってから、射場の今後についてちょっと話し合いをした。

射場としての営業が今年一杯で終了するので、

クラブを結成し、射場の山を借りて管理していくことになったわけだが、

必要資金からひとりひとりの会員の負担する会費を計算し、

その試案について説明した。

ひとつ気にしているのは、クラブは商売でやるわけではなく、

自分達がアーチェリーをする場所を自分達で管理していく、

そのためのクラブなのだから、

「会費払ってるのに山の管理まで手伝わなきゃいけないの?

という勘違いをする人が出なければいいな、ということなのだが、

ま、来年以降、ふたを開けてからいろいろ問題は出てくるだろう。

試行錯誤しながらやっていこうと話し合っている。

難民支援

国連難民高等弁務官事務所の外郭団体、国連UNHCR協会からのメールニュースを転載します。
転載の許可は得ています。


支援を受け取ったシリアの人々の様子

「日本の皆さんが大変な時に、本当にありがとう!」
あなたのご支援が、たくさんの笑顔につながっています

関野裕之様

2020年、世界は新型コロナウイルスという世界規模の深刻な危機に直面してきました。一方で、シリアでは紛争が10年目へと突入。当協会は、長引く紛争に苦しむシリア難民への支援のお願いをお送りしましたが、日本でも4月に緊急事態宣言が発令されたこともあり、「難民へ思いを寄せてくださる方は少なくなってしまうのでは」という懸念がありました。
しかしこうした状況にもかかわらず、大変多くの方がシリアの人々のためにご寄付をお寄せくださいました。温かいご支援に、当協会職員一同心より感謝申し上げます。 今回は、シリアの人々へ温かい思いを寄せ、実際に行動を起こしてくださったあなたへ心からの感謝をこめて、どのような支援が行われているかご報告いたします。

難民キャンプなどで新型コロナウイルス対策を強化

ウイルスの感染を防ぐための衛生用品の配布

難民や避難民の暮らす地域では、清潔な水も十分になく過密した住環境も多いうえに、マスクなどの衛生用品も入手が困難です。シリア・ハマでは4月、パートナー団体と連携して衛生キットを配布しました。中にはアルコール消毒液、石鹸、ティッシュ、手袋、マスクなど、家族を新型コロナウイルスから守るための必需品が入っています。

新型コロナ対策の様子

また、イラク北部では、ダラシャクラン難民キャンプで、シリア難民約13,000人に衛生キットを配布しました。配布を行う保健スタッフなどには、感染予防のために必要な装備を提供しました。

衛生対策の様子

リーフレットを配布してウイルスに関する情報を周知

UNHCRから受け取った、新型コロナウイルスに関するリーフレットを見せてくれた母親のナジャと3人の子どもたち。
一家はシリアから、イラク北部のガウィラン難民キャンプに避難しています。UNHCRは世界保健機関(WHO)、イラク保健省と協力し、感染予防対策として、こうしたリーフレットを配布しています。また、職員やボランティアが各避難民キャンプや居住地で家庭訪問し、最新の情報がくまなく伝わるよう活動しています。

シリア難民の家族

すべての人に必要な情報がいきわたるよう、家庭訪問を実施して口頭で説明(シリア・ハサケ)

「手はこうやって洗うんだよ」子どもたちに教えるUNHCRスタッフ。この共同シェルターのあるシリア北東部ハサケでは、3,000以上の家族が避難している

ATMが車に乗ってやってきた 「ステイホーム」の中での現金給付支援

多くの難民が、避難生活を送る上で現金給付支援は必要不可欠だと語ります。 しかし、新型コロナウイルスのために難民も外出が制限され、現金を受けとるために以前のように銀行のATMへ行くことができなくなりました。そこでUNHCRは車にATMを設置し、難民の暮らすヨルダン北西部・イルビッドのコミュニティへ。困窮するシリア難民が現金を受け取れるよう支援しました。

現金給付を実施するためのUNHCRの自動車

シリア難民の姉弟

ヨルダンに避難するシリア難民のナディア(12歳)とアベド(5歳)。コロナの影響で収入が全くない一家にとって、この3か月UNHCRから受け取った現金給付支援は、かつてないほど重要です

「破壊された家に、屋根や窓を」住居の補修支援

シリア難民の姉弟

大きな穴があいたままの女性の家。シリアでは、9年以上にわたる激しい戦闘で、このように多くの人々の家が破壊され、実に560万人が住居に関する支援を必要としています。UNHCRは、各家庭を訪問して被害を確認し、人々がプライバシーと尊厳をもって暮らせるように、住居の補修支援を行っています。

イドリブに戻ってきた人々へ、日常生活に欠かせない物資を提供

シリア北西部イドリブやハマでは、昨年末から激しい戦闘で多くの人が避難していましたが、少しずつ住民は帰還しています。UNHCRは今年5月、帰還してきた人々へマットレスや毛布など日常生活に不可欠な物資を提供。配布の際もコロナ予防対策を徹底しながら、生活再建のための支援を行っています。

救援物資配布の様子

難民への温かいご支援に、心から感謝いたします。
どうぞこれからも、シリアの人々に温かいご関心とご支援をお寄せください

未だに日本でも、新型コロナウイルスの感染拡大は続き、厳しい情勢が続いています。改めて、皆様のご支援に心から感謝申し上げます。 シリア難民をはじめ多くの難民は、「自分たちは国際社会から忘れられ、支援も届かなくなってしまうのでは」という大きな不安を抱えています。日本でも予断を許さない状況が今後も続くことが予想されますが、どうぞこれからも、家を追われ苦しい避難生活を続ける難民へ関心をお寄せいただき、ご支援をいただきますよう、心よりお願いいたします。

「またね!」と笑顔で手を振ってくれる子どもたち

動画

UNHCRは故郷を追われた人々を新型コロナウイルス感染症から守るため、現地で保護活動を行っています。どうか温かいご支援をいただけますよう、心よりお願い申し上げます。

特定非営利活動法人 国連UNHCR協会
0120-540-732
(通話料無料)
または 03-4366-7373 [平日10時~19時]

  • 本メールニュースは、これまでに当協会にメールアドレスをお知らせくださった方にもお送りしております。
  • 本メールアドレスは、メールニュース発信専用です。このメールにご返信されても、返信内容の確認および回答ができません。お問い合わせの際はこちらまでお願いします。
  • 今後受信を希望されない方は、お手数ですがメールニュース配信停止フォームより送信停止の旨、ご連絡ください。メールアドレス等、ご登録内容を変更されたい方はお手数ですが、登録情報変更フォームより変更情報をご連絡ください。
  • パソコンの環境に依存して文字化けが起こる可能性がある文字は、メール配信ソフトにより変換される場合がございます。 何卒ご了承くださいますよう、お願い申し上げます。

SNSのシェアで、難民支援の輪を広げる活動にご協力ください!

 

Facebook   Twitter   LINE   Instagram   YouTube

当協会は認定NPO法人ですので、ご寄付は税控除(税制上の優遇措置)の対象となります。

 

This email was sent by: 国連UNHCR協会

ご登録解除    ご登録情報の変更      プライバシーポリシー

  • ライブドアブログ